コッコのとんちんかんブログ

みかぴいの兼松

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、慎重に行動してください。それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。その際ですが、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。こうしたケースは、実際にとても多いようです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、職場においての有用性、必要性は高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も病院に24時間いることになり、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。オン、オフの期間を調整できて、希望に沿った仕事を割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。働く期間も様々で、単発、短期、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。医師、そして、看護師。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。端的に言えば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、病気をいかにして予防するかを助言したり、適切な薬を出すことが主な業務とされます。それに対して、看護師は、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。勤務中の看護師というのは片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために強いストレスを経験することになります。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、心にも大きな負担がかかるということになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知っているかどうかということは、看護師であり続けるためには見逃すことのできない点になるでしょう。そこそこ昔のことではあるものの、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であるとイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。こうしてみるとよくわかりますね。看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。日勤と違って夜勤は現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そんな状態で夜間に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてカタカナでエッセンと書く言葉があります。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたものでどこでもよく通用します。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、現在までその習慣が微かに残っていてよく使われ、親しまれている用語です。看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に大きな満足感も得られる仕事なのです。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。今、私は病院事務の仕事をしています。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時にお子さん同伴での看護師さんの参加が少なくないんですよね。先生達も、歓迎している様子でしたし、温かい雰囲気でした。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのうちに体調を崩すこともあるのです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどんどん疲れていって、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。看護師を志したのは中学での職業体験でのことでした。私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。大人になったら、こういった職業で働いていきたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。また、病棟勤務と違い、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。とはいえ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、急を要する場合には、経験豊富な看護師であれば、部分的に医療行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、一にも経験、二にも経験となります。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながら自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。休日や時間休も取れますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も多く、人手不足の一因となっています。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、特に恐れるようなものではないようです。そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。ところで看護師であるからには、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても状態を自覚したりできるようになります。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。引っ越し、結婚、出産という類の単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと肝心の転職自体、できない恐れがあります。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、容態の急な変化もありえますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも仕事の一つです。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。そして、気になる退職金は、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。個人病院はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。医療現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なうといった看護師の場合、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。