コッコのとんちんかんブログ

五十嵐隆でオナガガモ

無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。ペーパードライバーの方などは、次の免許更新の時が来るまで特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。でも、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は使いやすい本人確認書類として重宝します。それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、出費を抑えることが出来ます。後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選択したいですね。多少費用が高い場合も、ゴミや不用品を回収してくれるサービスをしてくれる業者もあるようですので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に業者からレンタルできる専用の衣装ケースがありますので、これを使うとハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。通常のダンボールを利用すると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこういった衣装ケースの場合は様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。転居先に着いたら、ケースから取り出してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。引っ越し作業についてですが運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、会社にもよるのですが、梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。こういった場合でしたらここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、なんらかの事故が起こってしまった時に作業を行った業者がその責任を負って弁償するケースもあるためです。転居時に、扱いに少々気を付けておきたいのはやはり、洗濯機です。水を毎日大量に使う家電ですから水道の近くに置くことになるでしょう。具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つを普段からこまめにチェックすると良いです。荷物のすごく多い、大家族ですので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。しかし、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変な作業を長時間続けてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。おつかれさま、とペットボトル一本と千円ほどをお配りしているのですが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えてインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は契約を切るいい機会になりますが、特に不満もなく、このままでいい場合は、プロバイダとの契約は続けて転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。そしてもしも、転居先にネット回線がなかったらそのための工事も必要になってきます。時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。慣れない引っ越しなら尚更でしょう。引っ越しの負担を軽減するためには、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。計画に沿ってきちんと実行できるのであれば問題ありませんが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。賃貸の部屋から引っ越しをする場合、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。何か効果があると断言することができないのですが、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に影響する可能性もあるでしょう。ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり大きめの破損については、諦めた方が良さそうです。あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。ずっと一緒に暮らしてますので、住むところを変える際には必ずペット飼育可能なマンションのことをなんとか探せるよう、努力しています。単にペットが飼えるマンションというだけでなく、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったしっかりした設備が揃ったマンションがいいです。設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしてもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。その時の事です。新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて引っ越し業者に電話をしてみました。水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていてそれが流れ出てしまい、誰も気付かないまま運んできたようです。箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので今度からはぜひ気を付けたいです。引っ越しをして、住所が変更された場合、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。資格喪失は、旧住所で手続きができて、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し手続きを終わらせてしまいましょう。面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。個々で引っ越しのやり方は異なりますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。しかしそうであっても、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、作業を近くで見ておくべきです。引っ越し業者の人が、もしも大型の荷物を運んでいる時に誤って壊したり、傷をつけたりすると、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、確かに引っ越しによってついた傷なのかを主張しないといけないからです。何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。賃貸の部屋から転居していく時には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋のチェックを隅々まで行います。これを済ませてやっと退去できる身となります。また、いろんなケースもあるようですが、各種公共料金については、清算をきちんと済ませておかないといけませんし、鍵は、作ったスペアも入れて全て返却しないといけません。引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから何より大切だと言えます。水はいつ頃使えるようになっているといいかというのは人によりますが、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避け念を入れて、引っ越しをする日から、一週間前には使用可能になっていたら、理想的です。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元・転居先の隣近所へ挨拶しておいた方が良いでしょう。挨拶をしておかないと隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人たちには、出来れば挨拶をするのがおススメです。様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。それらの中でも、特に大事なものと言えば免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としてよく使われているということもあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。でも、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば何度も足を運ばずに済みますよ。新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、今度は是非おおまかに、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。一般に、準備のスタートが早すぎると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。ですが、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などからパッケージしていけばきっと間違いはないでしょう。引っ越しを控えて必要な物と不要な物のより分けをしていくことで、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。こういった粗大ゴミですがいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。粗大ゴミは、自治体に処分方法を聞いてそれに則り、処分するようにしましょう。粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。上京していよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、荷物と言えるような荷物もあまりなく、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラック借りて運送したりするより、もっとかなり安くついたはずです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは転居先で買おうと思っていました。なのでこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。引っ越し先がごく近距離であれば家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を何度も時間をかけて新居に運び入れます。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで積載量の少ない自家用車であっても、たくさんの量を運べます。そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。このレンタルトラックで全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出を大幅にコストカットできるはずです。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。ですから、選択に迷ってしまうのであれば全国に支店のある大手にしておくとまず間違いのない選択となるでしょう。企業名で言うなら例えば、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。存在感のある有名企業ですので信頼もあり、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる安心して引っ越しを任せることができるでしょう。引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物をいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、評判になっています。大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、それからソファーとかの応接セットなど、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を選ぶのが賢明です。なぜならそういうところは、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、様々な種類の品物を受け付けてくれますから、それだけでも大変便利なのです。引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。業者に荷造りを全部任せているのなら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、道路事情が降雨により悪化して荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。雨が急に降り出すことも多いですし対策は立てておいた方が良いでしょう。国民年金の人が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをしないといけません。それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にてなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。本人が行けないということであれば、委任状を作成することで配偶者などを代理人として、手続きすることができます。大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、どこかにぶつけたりしないか、などと心配になってしまいます。階段から落下させて壊した、などという状況は最悪ですから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、今まで一度も、荷物を荒く扱う業者に当たったことはなかったです。それに、引っ越し作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、素人の自分がやるよりは作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。一体、引っ越しにかかるお金はどれくらいなのか誰しも気になるところではあります。しかしながら、料金の解説サイトなどもありますし、ネットですぐに知ることができるでしょう。また、複数業者から見積もりを出してもらうことができたりしますから、まったくどこの業者を選べばいいのかなかなか決められないでいるなら料金の一括見積もりを依頼できる、業者の比較サイトをいくつか参考にしてみましょう。近年においては、だいぶん廃れてしまったようですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といったことを昔からしてきました。どういった由来があるのかというと、ソバの形から「細く長く」お付き合いをという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしくというダジャレもこめて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。業者は見積もり作成時、キャンセル料金について、その発生条件などを客に説明をする義務があります。ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合は書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を確認しておくと良いでしょう。引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、物件を管理をする立場の人にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか一度尋ねてみましょう。次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。エアコンを元の家に残していけるということは撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、少しコストを削ることができますね。