コッコのとんちんかんブログ

糸井と長井

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、不倫の証拠集めには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠だと思います。ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。これから配偶者の浮気について、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っていることがありますからね。正式に依頼してしまう前に、信頼に値する業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加料金が生じることもあります。契約書を見てみると、まともな会社であれば、オプション発生時の条件が書かれています。ですから、それをチェックしておくべきでしょう。よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも大事だと思います。興信所に調査を依頼するには、ひとまず電話をかけて話をします。心配なら非表示でかけるのもOKです。実際に相談員と話して、細かく相談したいと思ったら、事務所まで出向くことになります。打ち合わせが済んで、依頼するという段取りになったら契約し、本当の調査が始まるのです。興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。インターネットで検索してみるとそこを利用した人のクチコミ評価などを知ることができるでしょう。都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、相談や事前見積りをしてもらえれば、あとは業者に任せるだけで済み、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然とも言えます。探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可を受ける必要があります。認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号で分かるというものです。少なくとも会社のサイトや広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。断って帰宅したあとでも、再三にわたり電話をかけてくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。一番多い手法としては、依頼人から提供された対象情報を参考に調査対象の追尾を行います。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。夫の浮気が心配で調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも結構ありますね。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、自分でもできるような気がしてしまいますが、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう追跡したり写真を撮影することは、難易度の高いワザです。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、非常に重要な問題だと思います。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、先方の営業所は避けて、表通りにある喫茶店など人の多いところで顔合わせするという手段もあります。違法な勧誘の防止につながるからです。興信所や探偵への料金の精算の仕方ですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもあります。一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、一括で払うのは難しいというときは、分割OKの事業者を探して依頼するといいのではないでしょうか。素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、映画やドラマの探偵のような手法で探索を行うこともあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもすることもあります。業者によっては、社外の人間には公表されていない調査手法などもあるのは事実です。興信所、探偵社というものの中には悪質でいい加減なところもあったりしますから、評判をよく調べ、堅実な会社に依頼すべきです。ところで、不倫調査を依頼しても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから契約を交わすと良いでしょう。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。規模の大きなところは調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的で必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがもっとも確実です。納得できる会社を見つけるにはいくつかのところを比べてみるのが大切です。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知っておきたいものです。高額な請求をしてくる悪どい会社を見分けるには大事なことだからです。探偵業者に調査を依頼する場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを知らないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、1時間1万円からと見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。行動調査の時間を増やせば、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばその名称のみと考えていいでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。もし依頼するのが浮気調査などであれば、どちらに頼んでも問題はありません。もっともジャンルごとの得手、不得手は、調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。探偵も企業である以上、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。それに、依頼する調査の内容次第で支払い額が変わってきます。素行調査ひとつとっても、所要時間というものがあります。どのくらいの期間を要するかでもコストテーブルは変わってくるため、調査を行う時間が長ければ、それだけ多くの費用を必要とします。探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。地域のことをよく知っていれば、調査に有利ですし、報告書の精度も上がるでしょう。調査してもらう内容次第でも不得意なこともありますし、逆もまたあります。公式サイトやそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。配偶者の不倫を疑って探偵に調べてもらうときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査しやすく費用も抑えられます。わかっていることまで探偵に調べさせると、肝心の証拠を掴むまでに時間も費用もかかってしまいます。側にいるからこそ気付くことは少なくないでしょうし、とりあえず記録や観察に努めると良い結果が出やすいでしょう。通常の金銭感覚からすれば、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。ただ、安さで依頼したところで浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金の無駄どころではありません。大事なのは調査の能力の高さですが、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが判断に迷うところです。探偵を頼んで調査してもらう際は、その会社の評価や口コミ情報を調べることを強くお勧めします。評価が低いところでは、請求される料金の明細が不明確だったり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、割高な請求の心配もありません。肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域周辺に限って、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。さらにクチコミや規模などで選定し、電話をかけて、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。いくら悩んだところで実際に話してみなければ、誠実そうな会社かどうかも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気の行動調査ではないでしょうか。挙動不審なところがあるので、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど幅広い調査に応じています。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、その道のプロを利用するのが一番だと思います。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。最近の高性能GPSというのは正確で、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。これさえガッチリとつけることができれば、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。探偵の仕事といえば、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。相手にわからないよう行動を見守り、依頼された証拠を得るまで調査するのです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておかなければなりません。予想しえないことに備えて動くのが、探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。探偵業者にかかる費用には幅があって、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。成果があればこその対価であるのに、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんて無様な結果に終わらないために、あらかじめ標準的な費用についてチェックしておきましょう。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。ただ、最近はインターネットがあることですし、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはクチコミ評価などを見て判断することができます。お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、高いばかりで品質が伴わないところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。費用と実績がうまく合致したところを見つける手間を惜しまないことが大切です。興信所や探偵社などを経営する際は、取り立てて特殊な資格等は要りません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許可を取り付けることだけは省略できません。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。本名を名乗るのが怖いというのであれば、名前を明かさずに相談できるところも多いですから、とりあえずそこで相談し、これなら良さそうだと判断できたら、あらためて個人情報を伝えるという方法もあります。