コッコのとんちんかんブログ

ゆっけと長浜

IPL抜毛というのはインテンス・パルス・ライトの概略の事です。
いかなる方法でムダ毛を処理するのかというと、灯を抜毛目指す部分に照射する事で体毛の中に含まれているメラニン色素が灯を吸収し、そのやる気を情熱に変えて毛根に残る細胞にダメージを与えるという施術だ。
情熱を利用してムダ毛を処理するので、その情熱が周囲の素肌にも伝わってしまうので多少の苦痛が伴います。
一方、SSC抜毛というのは詳細・皮膚・メンテを略したものであり、こちらもIPLと同じように灯を利用してムダ毛を処理するという点では共通してある。
しかし、パッケージについては至って異っていて専用のジェルと灯を組み合わせてムダ毛を処理する施術だ。
専用のジェルの中には抑頭髪効果がある原材料が含まれていて、そこに灯を照射する事で素肌に抑毛成分を浸透させる事ができ、間もなく体毛を少なくしていく施術だ。
情熱によって体毛の細胞にダメージを与えるという施術とは全く異なるので、IPLと比べて苦痛が乏しいのが特徴です。
そのためにデリケイトゾーンのような苦痛が激しく出やすいと言われている部分のムダ毛を処理する場合は、痛いのが拒否ですパーソンはこちらの方が良いだ。
ただし、こちらの手当方法の場合はレクチャーでも述べたようにジェルと組み合わせて処理をするのでジェルが当たり前となります。
ジェルをつけるのが拒否であるというパーソンであっても、IPLのようにジェル無しで望める店を探し出すという意義には行かないので我慢する必要があります。