コッコのとんちんかんブログ

ほのかだけど野田

ご自身が所持されているモデルを明け渡すときに、どういった方法で手放し、また、手放したあとのモデルはどうするかという要素について図るときに、うだうだ考えなければならないことがあります。その中でも、今回は「マイカー融通法」というルールについてお話していきたいと思います。

目下、なんとも「マイカー融通法って何?」という問合せが寄せられることが多くなってきている印象があります。確かに、マイカー融通法って何?と訊かれても、必ずや答えられるヤツは安い気がしますし、近頃若者のモデル分かれの表現もあってか、マイカー融通法についての掲載が必要になるケースも多くなってきているのかもしれません。

で、マイカー融通法とは何かという問合せの答えに触れるコンポーネントについてですが、結論から言えば、廃車と罹るモデルを安全に、クリーンに、そして有効に再利用するためのルールであるということになります。やはりこれだけのレビューでは、あまりにも概念的すぎると思いますので、惜しくも細かくお話していきたいと思います。

何の制約も無く、かまわずモデルを廃車にしてしまうと、たとえば必要な(収入に繋がる)ゾーンだけを取って不要な部分は曲事投棄して仕舞うリスキーが高まったり、また、曲事投棄してしまうと、燃料をはじめとするバーストの危険がある条項がモデルには使われているというリスキーがあったり、ひいては、カーエアコンのフロンガスの論点もありますので、そんな、廃車のときのさまざまな妨害を回避するために、マイカー融通法というルールが制定されていると考えることができます。

では、今度はマイカー融通法の事柄ですが、こういうルールは、人一般のモデルの持主やユーザーに対してではなく、自動車メーカーや輸入事務所などに対して義務付けてあるルールであると考えることができます。つまり、こういうマイカー融通法は、自動車メーカーや輸入事務所に対して、シュレッダーダストやフロンガスケア、エアバッグの再支出などを義務付ける事柄になっています。

ただ、そのときに必要になる収入は、融通費用という形で人モデルの持主に対して費消の任務が生じます。事務所に対してダイレクト融通額面を払うとなると、どうにも不安に感じるヤツもいると思いますが、実は、公的機関が一時的に融通費用を管理する構造になっていますので、そういった部分については、人が心配する必要はありません。

これが、マイカー融通法って何?という問合せに対する返答のサマリーになります。